Kindleダイレクトパブリッシング「生成AIを使った出版」に2023年9月7日、申告義務を発表

Kindle出版に申告義務の背景

2023年9月7日、Kindleダイレクトパブリッシング(KDP)は、驚くべきアナウンスメントを行い、”生成AIを使った出版”に関する新たな申告義務を導入することを発表しました。この発表は、出版業界に革命をもたらす可能性がある重要な一歩として、著者、読者、出版社の間で大きな注目を浴びています。この新しい規制の導入により、AIによるコンテンツ生成の透明性と倫理的な使用が確保されることが期待されています。長らく、AI技術は文書の生成において驚異的な進歩を遂げ、書籍、記事、ブログ投稿などのコンテンツを自動生成するツールがますます一般的に使用されてきました。これらのツールは、短時間で多くのコンテンツを生成するための強力な手段となり、多くの著者や出版社が利用してきました。しかし、AIによるコンテンツ生成の急速な普及に伴い、品質や原著者の権利に関する問題が浮上してきました。偽の情報、盗作、または倫理的に問題のあるコンテンツがAIによって生成され、出版されることが増加しています。これに対処するため、Kindleダイレクトパブリッシングは新しい申告義務の導入を決定しました。

この申告義務の導入により、AIを使用してコンテンツを生成し、KDPを通じて出版するすべての著者は、その作品がAIによって生成されたことを明示的に申告する必要があります。これには、AIツールの種類や使用したAIの詳細な情報、コンテンツ生成プロセスの透明性の確保などが含まれます。著者は、AIを利用していることを隠すことなく、読者に対して正確な情報を提供する責任を負うことになります。この新しい規制の導入は、AI生成コンテンツに関連する法的および倫理的な問題を解決し、読者が信頼できる情報源を見つけるのを助けることを意図しています。また、オリジナルなコンテンツを生み出す著者や出版社にとっても、創造性と努力が正当に評価される環境を提供することを目指しています。

Kindleダイレクトパブリッシングはこの申告義務を導入する決定を、透明性と倫理的な標準を高め、出版業界全体に新しい指針を示す重要なステップと位置付けています。AI生成コンテンツの発展と利用は、今後も続くであろうため、このような規制の存在は、出版業界の持続可能性と発展に向けた重要な一歩となるでしょう。Kindleダイレクトパブリッシングの申告義務の導入により、AIを使用した出版における透明性と責任が向上し、読者と著者の双方にとってより健全で信頼性の高い出版環境が構築されることが期待されます。

この新しい申告義務の導入には、いくつかの重要な側面が含まれています。まず、著者は自分が使用するAIツールや技術を明示的に申告しなければなりません。これにより、読者はどの種類のAIがコンテンツ生成に使用されているかを理解し、その情報を適切に評価できるようになります。また、AIツールのバージョンや設定の詳細も提供されるべきです。さらに、AI生成コンテンツの著作権に関する問題も注視されています。著者は、AIが生成したコンテンツが既存の著作権法に適合していることを確認する責任を負います。また、AI生成コンテンツを再利用する場合や他の著者の作品と組み合わせる場合も、著作権法に則った方法で行う必要があります。この新しい申告義務は、著者にとっても読者にとってもメリットがあります。著者は、AI生成コンテンツを使用することで創造的なプロセスを助ける反面、その透明性と法的責任を確保するための指針を持つことができます。読者は、コンテンツがAIによって生成された場合でも、その情報の信頼性を評価しやすくなり、偽の情報や盗作から保護されることが期待されます。

Kindleダイレクトパブリッシングのこの取り組みは、AI技術の進化に対応し、出版業界が倫理的かつ責任ある方法でこれらの新しいツールを活用する道を開拓する重要な一歩です。この取り組みは、読者と著者の信頼を築き、出版業界全体の持続可能性を確保するのに役立つでしょう。最終的に、Kindleダイレクトパブリッシングの「生成AIを使った出版」に関する申告義務の導入は、AI技術が文化と知識の普及に果たす役割を強調し、その役割を適切に調整し、透明性と倫理的な標準を確立するための重要なステップです。これにより、AIを活用した出版が未来においても持続可能かつ価値あるものとなることが期待されます。

生成AIの台頭

生成AIは、テキストや文章を自動的に生成する技術です。これは革命的な進歩であり、多くの著者にとっては非常に便利なツールとなっています。生成AIを利用することで、短期間で多くのコンテンツを作成し、読者に提供できるようになります。しかし、この新しい技術は法的な問題を引き起こす可能性があります。

KindleダイレクトパブリッシングにおけるアマゾンのKindle出版に関する要求

アマゾンは、生成AIを使用してKindle ダイレクト・パブリッシングを行う著者に対して、特定の申告義務を課しています。これは、透明性と信頼性の向上を目的としています。具体的には、以下の要件があります。
コンテンツガイドラインは以下のURLでご確認ください。
https://kdp.amazon.co.jp/ja_JP/help/topic/G200672390

AI生成コンテンツとAIアシストコンテンツの申告について

人工知能 (AI) コンテンツ (テキスト、画像、または翻訳)

KDP で新しい本を出版する場合、または既存の本を編集して再出版する場合、AI 生成コンテンツ (テキスト、画像、または翻訳) についてお知らせいただく必要があります。AI 生成画像には、表紙や本文の画像、アートワークが含まれます。AI アシスト コンテンツについて開示する必要はありません。AI 生成コンテンツと AI アシスト コンテンツは、次のように区別されます。

  • AI 生成: AI 生成コンテンツとは、 AI ベースのツールによって作成されるテキスト、画像、または翻訳として定義されます。AI ベースのツールを使用して実際のコンテンツ (テキスト、画像、または翻訳) を作成した場合、後で大幅な編集を行ったとしても、そのコンテンツは「AI 生成」と見なされます。
  • AI アシスト: コンテンツをご自身で作成し、そのコンテンツ (テキストまたは画像) を AI ベースのツールを使用して編集、改良、エラーチェックした場合、またはその他の方法で改善した場合、そのコンテンツは「AI アシスト」と見なされ、「AI 生成」とは見なされません。 同様に、AI ベースのツールを使用してアイデアを引き出し、最終的にはご自身でテキストや画像を作成した場合、そのコンテンツは「AI アシスト」と見なされ、「AI 生成」とは見なされません。 そのようなツールの使用やプロセスをお知らせいただく必要はありません。

すべての AI アシスト コンテンツおよび/または AI 生成コンテンツは必ずすべてのコンテンツ ガイドラインに準拠している必要があります。たとえば、著作権作品に基づくコンテンツが AI ベースのツールで作成されていないことを確認するには、AI ツールの出力を確認し、編集する必要があります。

AI生成コンテンツ【申告が必要】

AI生成コンテンツとは、AIベースのツールによって生成されるテキスト、画像、または翻訳などのコンテンツを指します。具体的には、以下のケースが該当します。

AIが生成したコンテンツをそのまま利用する場合。
AIが生成したコンテンツを人間が大幅に編集して作成したコンテンツ。
これらの場合、KDP(Kindleセルフ出版)を通じてコンテンツを提供する際には、同社への申告が必要です。

AIアシストコンテンツ【申告は不要】

AIアシストコンテンツとは、最初に人間がコンテンツ(テキストまたは画像)を作成し、その後AIベースのツールを使用して編集、改良、エラーチェックなどを行う場合を指します。また、AIベースのツールから得たアイディアを基にして最終的に自身がテキストや画像を作成した場合も、AIアシストコンテンツに該当します。

これらの場合、特別な申告は必要ありません。AIはコンテンツ制作の助けとして活用されており、申告の対象外とされています。

1. 生成AIの使用を申告する

Kindleセルフ出版を行う際、生成AIを使用している場合は、それを明確に申告する必要があります。これは、読者にとって作品の出典や内容の信頼性を確保するために重要です。

2. AIによる内容の検証

生成AIによって作成されたコンテンツは、事実確認や著作権に関する問題が生じる可能性があるため、内容の検証が必要です。著者は、生成AIによる作品を検証し、正確性を保証する責任があります。

3. 倫理的な使用

生成AIを利用する著者は、倫理的なガイドラインに従う必要があります。不適切なコンテンツや人権侵害の恐れがある場合、アマゾンは対策を取る権利を持っています。

申告義務の重要性

これらの申告義務は、読者と著者の間の信頼を維持し、Kindle ダイレクト・パブリッシングプラットフォームの品質を保つために不可欠です。アマゾンは、生成AIを使用する著者に対して透明性と責任を求めており、これは出版業界全体において重要なステップです。

まとめ

Amazonの「生成AIを使ったKindle ダイレクト・パブリッシング」に関する申告義務は、著者と読者の双方にとって重要な変更です。これに従うことで、より信頼性の高いコンテンツが提供され、読者の満足度が向上するでしょう。アマゾンの要求を遵守し、生成AIを活用しながらも倫理的かつ法的な枠組みを尊重することが、Kindleセルフ出版の発展に貢献する道です。

出版物一覧











この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事